年賀状を作る時間もお金もないなら出さないという選択肢もあり?

年賀2

年賀状は諸事情により出さなくても問題ないとされつつあります。

現在年賀状を出すという人は減っている傾向にあります。

年賀状は新年の楽しみの1つでありますが、近年はその枚数は減少傾向にあります。

特に若い年齢層に関しては、年賀状は紙では出さずにメールやSNSで代用するという人も多くいます。

SNSではメッセージの他に写真や動画も送ることが可能である上に返事もすぐに返ってくることから、相手の近況もすぐに伺えて何かとメリットが多いものです。

また高齢者については身体的な衰えや認知症を患ってしまうなどして年賀状を書いたり出しに行ったりするということ自体難しいという人もおり、今年で最後にしたいということを年賀状のメッセージとして書く人もいます。

このようにさまざまな状況でやむを得ず年賀状が出せないという人も多いことから、年賀状は出さなければいけないという概念がなくなりつつあります。

前もって周囲に伝えれば問題ないものです。

ただし年賀状をもう出さないでおこうという考えである年から一方的に突然やめてしまうとなると、周囲から消息不明になったのではないかと心配されてしまったり嫌われたのかと思って不安になるという人もいます。

なので先方には前もって直接伝える、もしくはメールやSNSで理由とともに伝えておけば、周囲も予めわかっているので新年に年賀状が届かなくても心配されるようなこともないのです。

相手によって年賀状を送るかどうか決めるのもいい方法です。

ただし高齢者や会社の上司など目上の人については年賀状を送るのが礼儀であると考えている人も多いことから、相手によって年賀状を送るかどうかを決めるという方法を取るのも1つの手です。

年賀状を送る相手をある程度絞っておけば制作する枚数は減るため、時間も費用もそれほどかからずに済みます。

また友人など気心知れた相手に関してはお互い年賀状を送らずにSNSなどで済まそうという約束をしておくことで、相手側の負担を軽くすることも可能になるのです。

年賀状印刷サービス比較

年賀1
年賀2
年賀状印刷サービス比較

関連記事

2017年の12月のカレンダー

年賀状はいつまでに送ればいいの?

『元旦』

年賀状はいつまでに出せば元旦に届くのでしょうか。

砂時計とカレンダー

年賀状を出すのはいつまでに出したら良いのでしょうか?

年賀1