書き損じた年賀状はどうすればいいの?

沢山失敗をしたイメージ
年賀2

書き損じた年賀状は切手かお金で返してもらいましょう

書き損じた年賀状は切手などに交換してもらえます

書き損じて使えなくなった年賀状は、郵便局に持っていけば切手やはがきなどに交換することができます。

この時、1枚につき5円の手数料がかかるので、10枚単位で書き損じた場合、少し損してしまうことになりますが、それでも処分してしまうよりはずっとお得です。

なので、書き損じた年賀状は切手などに変えてもらうといいでしょう。

ちなみに、書き損じた年賀状を使ってもう一度年賀状を書きたい場合、まだ郵便局で今年の年賀状が発売されているなら、その年賀状と交換してもらうことができるので、年賀状の発売期間内なら、手数料を払って交換してもらいましょう。

もし年賀状発売期間が終わっていたり、すでに来年の年賀状が発売されていたら切手やはがきに交換してもらうことは出来ても、年賀状と交換することは出来ませんので、そこだけは注意しておきましょう。

切手がいらないならお金に換えることもできます

書き損じた年賀状は、同じ年賀状か切手と交換するのが一般的です。

なので、使えなくなったものはこれらの物と交換するのがよいのですが、年賀状の発売期間外などの理由で、すでに年賀状と交換することができず、切手に変えてもらっても使うあてがない場合、いったいどうしたらいいのでしょうか。

その時は、いらなくなった切手を現金に変えてもらうのが一番いいです。

といっても、郵便局で切手を現金に変えてもらうことは出来ません。

なのでこの場合、書き損じの年賀状を切手に交換してもらい、その切手を金券ショップなどで売る必要があります。

このやり方だと、書き損じた年賀状を購入した金額の8割程度しか返ってきませんので、あまりおいしいやり方とは言えませんが、それでも書き損じて使えない物を現金にすることができます。

ですので、切手をもらっても困る、というなら金券ショップを使ってその切手を現金に変えてみるといいでしょう。

ちなみに、書き損じた年賀状はレターパックとして返してもらうことも可能なので、どこかにレターパックを送る予定があるなら、そうして返金してもらうのもありでしょう。

年賀状印刷サービス比較

年賀1
年賀2
年賀状印刷サービス比較

関連記事

関連記事がありません。

年賀1