年賀状に書くメッセージはどのようなメッセージを書くと喜ばれますか?

手書きで『ありがとう』

SHARE

年賀状に書くメッセージはどのようなメッセージを書くと喜ばれますか?

年賀状で心のこもったうれしい年賀状にするためにはどのようにしてメッセージをかけばいい?!

毎年送ったり送られたりする年賀状は、昨年の感謝とその年の新年の挨拶を行うためには欠かすことができません。

最近では、年賀状といってもさまざまな年賀状のデザインやデザインの種類も豊富になりました。

デザインが既に決まっている年賀状を購入し、オリジナルのメッセージだけを書くという方も多いのではないでしょうか。

では年賀状のメッセージを書く場合、どのようなメッセージを書くと送った相手に喜ばれる年賀状になるのでしょうか?

年賀状に書くメッセージの意味とは?!

年賀状には、前持って「明けましておめでとうございます!」などのメッセージが記載されているものも多くあります。

ですがこの言葉だけでは、ありきたりで送られた方もなんだか寂しい感じがしますよね。

事前に書かれている言葉以外で自分自身のオリジナルのメッセージを書くことで、送る相手一人一人に合ったメッセージを送ることができます。

送られた方も「もらってうれしいな!」とついつい思ってしまうようなうれしい年賀状になります。

年賀状に書くメッセージにはどのようなメッセージを書くと喜ばれるの?!

実際に年賀状にメッセージを書く際には、相手の現在の状況によって書くメッセージを考えて書くとより気持ちを込めた年賀状のメッセージを書くことができます。

例えば送る相手が出産したばかりの場合、「出産後の体調はいかがですか?」など現在の状況を踏まえてメッセージを書くことが大切です。

送られる相手も「自分自身の今の状況を分かってくれて、心配してくれてありがたい!」と年賀状を見ただけで気持ちがうれしくなります。

さらに「落ち着いたら是非かわいい赤ちゃんを抱っこさせて下さいね!」などメッセージを付け加えることでより気持ちのこもった年賀状を送ることができます。

最近では、スマートフォンなどで年賀状を送る方も多くなってきました。

ですが手書きの年賀状は、文字で気持ちやぬくもりを伝えることができるのでとても素敵なものです。

心のこもった年賀状を送るためにも、年賀状に必ず一言心からのメッセージを書いてみてはいかがでしょうか。

年賀状印刷サービス比較