プリンターで年賀状を作るならどんなことに気をつければいいの?

SHARE

プリンターで年賀状を作るならどんなことに気をつければいいの?

プリンターで年賀状を作るなら純正インクを使って印刷しましょう

プリンターで印刷するなら事前にプレビューを確認しましょう

プリンターを使って年賀状を印刷する時、流れ作業的に印刷する人がいますが、そういうやり方は印刷ミスのもとです。

なので、年賀状を印刷するなら、その前にプレビューを見て、どういう構図で印刷されるのかをきっちり確認してから印刷するようにしましょう。

構図や宛先のミスがある場合、ここでそれを見つけることができるので、プレビューを確認することは重要です。

インク節約のためモノクロで印刷するつもりだったのに、カラーで印刷してしまったというミスも、プレビュー確認で防ぐことができるので、この確認を何度もして、それで何の問題もないとわかったら始めて印刷する、という癖をつけておくといいでしょう。

プリンターのインクは出来るだけ純正インクを使いましょう

プリンターのインクには、純正インクの他に、リサイクルインクがあります。

このリサイクルインクは、純正インクの半額から10分の1ほどの値段で買うことが出来るので、コストカットのためリサイクルインクを買う人が多いですが、年賀状を印刷する時にこのリサイクルインクを使うのはやめておいたほうがいいです。

その理由は、大きく分けて2つあります。

それは、リサイクルインクを使うときれいに印刷しにくくなる点と、故障しやすくなる点です。

リサイクルインクの中でもわりと高級なものを使っている場合、純正インクと比べてあまり差はありませんが、自分でインクを詰め替えるタイプの、安いリサイクルインクを使うと、けっこう印刷の質が違ってくるので、より鮮明な画質で印刷をしたいなら、純正インクを使ったほうがいいでしょう。

故障しやすさについては確率論なので、リサイクルインクを使ったらすぐにプリンターが故障する、というわけではありませんが。

純正品を使った方がトラブルなく印刷できることは確かです。

なので、印刷のきれいさにこだわる人や、印刷時にトラブルを起こしたくない人は、純正インクを使うことをお勧めします。

年賀状印刷サービス比較