年賀状でおしゃれな文字を使いたい場合どのソフトを使ったらいいか

『年賀状』

SHARE

年賀状でおしゃれな文字を使いたい場合どのソフトを使ったらいいか

マイクロソフトワードで行書体を選択する

年賀状には筆文字を使ったり、楷書だけではなくて行書や草書などを使っているものもあります。

ときには楷書ばかりの平然とした文字ではなくてきれいなおしゃな文字で会社宛に送りたい場合もあると思います。

本当の筆文字を使いたい場合は、筆文字で印刷出来るようなソフトを買うか、宛名を年賀状を頼む業者に頼まなければいけません。

しかし簡単な方法で差し障りのない行書ならどの人でも簡単に作れます。

その方法を紹介します。

どのソフトを利用するかというとマイクロソフトワードです。

マイクロソフトワードには図形や文字を選択するところにワードアートというものがあります。

ワードアートでは何が出来るかというと文字でも影文字や2色の文字を使ったり、変わったアンバランスな文字を作ることが出来ます。

また行書も書くことが出来ます。

ワードアートで書式を選択するところにたくさん種類があります。

HGP行書体やHG行書体などを選択するときれいな差し障りのない行書を書くことが出来ます。

行書と言うのは普通の文字を少しきれいに崩した文字のことを言います。

文字の飾り付けはワードアートもおすすめですが、ポップアップ体だと宣伝や広告などで見かけるような膨らんだ文字を使うことが出来ます。

マイクロソフトワードにはたくさん文字を選択することが可能だから、たくさん作れます。

何には楷書の中でもきれいな文字で教科書体というのもあります。

だから改めて年賀状ソフトも買う必要もないですが、筆文字のようなこだわり文字を書きたい場合は、ソフトを買ってくればずっと使うことが可能です。

マイクロソフトワードと違い、覚えることや操作も少し違いますが、慣れれば簡単です。

市販の年賀状のはがきにはもう文字が書かれているのがありますが、どうしても市販の売ってるものが欲しいときは、大手スーパーなどで安売りをするときがあるのでそのときにまとめて買うとあまり高くありません。

安いものや安売りを利用しましょう。

年賀状印刷サービス比較